営業マン関連の情報を収集してます


by jm2ayhbqjo

<   2010年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 大阪府警住之江署交通課を今春、定年退職した元警部補(60)と、現職の巡査部長(54)が2008年4月頃、同署が管轄する大阪・南港(大阪市住之江区)などの路上に放置された車両約10台を、懇意にしているスクラップ業者に横流ししていたことがわかった。

 うち2台には盗難届が出されていたのに、所有者に無断で処分していたという。内部調査で2人が不正を認めたことから、府警は、この2台についての占有離脱物横領容疑で、2人を6月中にも書類送検し、関係者を処分する方針。

 府警関係者によると、元警部補と巡査部長は、ともに住之江署交通課勤務だった08年4月頃、共謀して住之江区内の路上にあった乗用車と軽乗用車各1台を無断で持ち去った疑いが持たれている。2台は、スクラップ業者が運搬し、同月中に処分したという。

 横流しされた車両が放置されていた南港の道路は大部分が大阪市港湾局の管理下にあり、本来は、同局職員が放置車両の処理手続きを行う。移動を求める警告文を車体に張り、約2週間過ぎてもそのままの場合、管轄の警察署に照会を依頼。盗難届が出ておらず、所有者などとも連絡がつかなければ、「撤去する」と公示後、市側による廃車処分手続きに移行。市が公募による抽選で選んだ業者が撤去、処分することになっている。

 2人は市の照会に応じ、盗難届の有無などを確認する業務を担当していたが、正規の手続きを経ずに、照会を受けた車両などを、知人が幹部で、元警部補の親族も勤務する府内の特定業者に撤去、処分させていたという。

 業界関係者によると、2年前までは、中国・北京五輪の影響で鉄の市場価格が高騰し、転売などで1台約5万円の利益が得られることもあったという。府警は、懇意の業者に便宜を図る見返りに金品の授受がなかったかも追及したが、2人は否定し、府警も「授受は確認できない」としている。

 同署内の倉庫で今春、事件の証拠品とは無関係の不審なナンバープレートが約10台分見つかり、府警が内部調査していた。元警部補と巡査部長の机周辺から移されたものと分かり、追及したところ、横流しした車両のものと認めたという。調べに、元警部補は「放置車両をそのままにしておくと市民から苦情が寄せられるので、知り合いの業者に処理を頼んだ。私利私欲ではない」、巡査部長は「所有者に言わなければならないことは分かっていたが、元警部補と相談してやった」などと供述した。

 府警は事実確認を進めているが、プレートが見つかった約10台分以外の不正は確認できていない。書類送検の対象とする2台以外は、所有権が明確でないことから立件は見送る方針。

江本氏の比例公認決定=国民新(時事通信)
国民新に参院選前の合併打診=郵政票狙う―小沢氏(時事通信)
炎上タクシーの中から男性?遺体 神奈川(産経新聞)
「市場注視し対応を」=円高、株安で菅財務相に指示―鳩山首相(時事通信)
国道側溝に切断された両足=死体遺棄事件で捜査―新潟県警(時事通信)
[PR]
by jm2ayhbqjo | 2010-05-28 21:32
 鹿児島県南種子町の種子島宇宙センターから18日早朝に打ち上げられる日本初の金星探査機「あかつき」を搭載したH2Aロケット17号機の機体が17日、発射場に移動した。燃料充てんなど、打ち上げに向けた最終段階に入る。

 午前6時すぎ、大型ロケット組み立て棟から、全長53メートルの大きな機体が姿を現した。移動発射台に乗せられ、約500メートル先の発射場まで約20分かけてゆっくりと運ばれた。

 機体先端部には、金星の大気を調べる「あかつき」の他、太陽光の圧力で航行する宇宙ヨット「IKAROS(イカロス)」を載せている。さらに、15号機以来となる公募による小型副衛星4基が「相乗り」する。

 打ち上げは18日午前6時44分14秒の予定。【川島紘一】

【関連ニュース】
雑記帳:宇宙ロボット・まいど君…東大阪の組合が開発構想
余録:「あかつき」打ち上げへ
日本版GPS:衛星1号機「みちびき」公開 今夏打ち上げ
金星探査機:「あかつき」打ち上げのH2Aロケットを公開
H2ロケット

【宮家邦彦のWorld Watch】普天間問題 意思決定能力の劣化(産経新聞)
普天間移設 官房長官、徳之島町議と会談 「負担の分担」要請(産経新聞)
14日に和解協議入り=札幌地裁の勧告受け入れ−交渉は難航も・B型肝炎訴訟(時事通信)
<紙幣ばらまき>男性が東名阪道で 280万円回収(毎日新聞)
ブレーキレバー折れ運転取りやめ JR西日本 (産経新聞)
[PR]
by jm2ayhbqjo | 2010-05-20 13:40
 弁護士や医師を志す大学生らが、予防接種でB型肝炎ウイルスに感染したとして国に損害賠償を求めている原告を支援している。感染が原因で子供を失った母親とも交流し、被害実態を広く知ってもらおうと自作の「朗読劇」も上演。札幌・福岡両地裁の和解勧告に国が応じる方針を決め、具体的な補償に向けた協議が注目される中、原告らとともに問題の早期解決を訴えている。

 訴訟は東京、大阪など10地裁で争われている。司法試験を受験予定の東京大法学部4年、大塚智見さん(21)は昨年9月、ゼミで訴訟のことを初めて聞き、翌月には東京地裁の法廷や原告の集会に足を運んだ。活動を通して知り合ったのが、東京訴訟の原告、坂岡佳子(よしこ)さん(72)だった。

 坂岡さんの長男は、感染判明から約10年たった99年8月に吐血して入院。肝臓がんが進行しており25日後に亡くなった。32歳だった。坂岡さんは医師に母子感染を疑われてショックを受けたが検査の結果、自身は感染していなかった。長男が幼いころに受けた予防接種で注射器を使い回しした以外に原因がないと知ったのは、数年後のことだったという。

 「B型肝炎の問題を多くの人に知ってほしい」。大塚さんは坂岡さん親子の体験を朗読劇にしようと考え、1カ月かけて脚本をまとめた。今年3月には仲間と衆院議員会館で上演し、国による全面救済を訴えた。坂岡さん役を演じた弁護士志望の学習院大法学部4年、石井香吏(かおり)さん(21)は「演じていて、悔しさや悲しみがこみあげて涙が出てきた」という。

 参加している約20人の学生たちの思いもさまざまだ。東京大経済学部4年、安部峻平さん(22)は「活動が何かしらの役に立ったと感じている」と話す。医師を目指す東京大理科3類2年、水本潤希さん(19)は「国が動くために、まず自分たちに何ができるのかを考えながら活動していきたい」と言う。

 札幌地裁で14日にある口頭弁論以降、和解協議が始まるが、国内の感染者は推計最大140万人。財源問題などから協議は難航も予想される。「訴訟が長引き、亡くなったり病状が悪化した原告もいる。国はしっかりと補償をしてほしい」。支援する大学生も和解協議の行方を注視している。【和田武士】

【関連ニュース】
B型肝炎訴訟:和解協議へ 原告「1日も早く解決案示せ」
B型肝炎訴訟:閣僚会議で政府方針を決定 和解協議へ
B型肝炎訴訟:原告が抗議行動…厚労相面談拒否で
B型肝炎訴訟:札幌地裁が国・患者側に和解勧告 全国で初
B型肝炎訴訟:和解協議方針 全国原告団代表、全国弁護団事務局長の話

<ひき逃げ>フィリピン人の女を殺人未遂容疑で追送検 千葉(毎日新聞)
ギリシャ問題「大変心配」=首相(時事通信)
香る「花の寺」 約2万株のツツジが満開 京都府宇治市・三室戸寺(産経新聞)
<普天間>「5月超えても交渉」 枝野氏、首相の責任を否定(毎日新聞)
反捕鯨SS船長、27日に初公判 東京地裁(産経新聞)
[PR]
by jm2ayhbqjo | 2010-05-13 02:14